過去記事倉庫
by jpc-cs
手抜きをなくそう
本日もご覧いただき、ありがとうございます。
さて、現在の順位は?

『手抜きをなくそう』【第103回】2005年10月13日(木)
*****************************************************
今月は中間テストがあるということで、私のところにはいつにも増して、勉強の相談がたくさんあります。





「英語がヤバいんです」

「数学のテスト範囲がサッパリで…」


それぞれ、得意・苦手な教科があると思いますが、そもそも、なぜ得意・苦手ができてしまうのでしょうか(?_?)

素質のせい?先生の教え方のせい?
イヤイヤ、誰のせいでもありません。言い方はキツイかもしれませんが、

“自分のせい”

なんです。


“得意な教科”は「やってて楽しい」とか「わかるからやる気がおきる」
といったものですよね(^▽゜)b
“苦手な教科”は
「やっててつまらない」
とか
「わかんないからやる気がおきない」ですよね┐( ̄ヘ ̄)┌

“得意な教科”の場合、
分からない事や解けない問題があると「悔しい」と思いますから、
調べたり、訊いたりしてより多くの知識を吸収しようとするはずです。
知識がたくさん貯まってくると、もっとたくさんの知識を吸収したくなるのは
人間の持つ欲求です。だから益々得意になっていくんですね(* ^∇゜)v

しかし、 “苦手な教科” の場合、

分からない事や解けない問題があると「まぁいいや!」といって

諦めてしまったり、

手抜きをして簡単に覚えられる方法

を探したりしてませんか?

分からないことが多くなると、だんだんやる気がなくなり、徐々に苦手意識が広がってきます。


実は、勉強で手抜きをしようとしだすと、普段の生活の中でも手抜きをしようとしだしてしまうんです。
人生を手抜きしないためにも、普段の勉強から少しずつ手抜きをなくしていきましょう
o(゜∇^☆)/フレー\(*^∇^*)/フレー\(☆^∇゜)o

お役に立てましたら、ワンクリックお願い致します。

人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-10-13 10:13 | 勉強法
<< 人前が苦手!という人に ローレンス・J・ピーター >>