過去記事倉庫
by jpc-cs
暗記のコツ? その2
本日もご覧いただき、ありがとうございます。
さて、現在の順位は?

『暗記のコツ? その2』【第110回】2005年10月19日(木)
**********************************************************
『暗記のコツ? その1』 ← 10月17日 掲載

前回は、『記銘』 『保持』 『再生』についてお話ししました。
また、通常 受験生が 『忘れた』 といっているのは
正しくは、

『思い出せない』

であるということをお話ししました。





そこで、 『暗記』 について考えていきたいんですけど
『暗記が出来ている』
ってどういう状態なんでしょう?

「覚えている」 、 「忘れていない」 状態でしょうか?


…否!

『暗記が出来ている』 とは、

『思い出すことが出来る』 という状態です!!




…ということは、テスト勉強にしかり 受験勉強にしかり
勉強というのは、どこにポイントをおくかというと、
思い出すことができるようにする

ということが重要なんです。


『思い出す』 …つまり、 『再生』 『アウトプット』
です。


ですから、よく 『繰り返し学習』
といいますが、
『繰り返し学習』 とは、

繰り返し 出す (再生する)、
繰り返し 出そう (再生しよう)


と試みることなんです。


でも、どうでしょう?
繰り返し 『入れている』 ひとって多くないですか?

何度も 何度も 英単語集を読み返していたり…
何度も 何度も 参考書を読み返していたり…


そうじゃないんです。
『記銘』 も 『保持』 もされているわけですから、
『再生』 しやすくするために、何度も 何度も
『再生』 しようと試みることなんです。


だから、普段の勉強も 例えば
英単語を隠して、あてっこして 思い出そうとしたり
参考書で 『インプット』 をするのではなくて、
問題集で 『アウトプット』 をすることが重要なんです。


しかも、通常の 『テスト』 ってどうですか?

『覚える力』 を試すものですか?
問題1
テスト時間内に以下の英単語を100個 覚えなさい。

…違いますよね!


『忘れない力』 を試すものですか?
問題1
…どうやって試すんでしょう?


そうではなくて、
『思い出せるかどうか』 が 試されますよね!!


ということは、普段の勉強から
『思い出せるかどうか』 を鍛えるべきなんです。
これが理にかなっているんです!!


勉強をしていて、 「なんだっけなぁ…。う~ん 思い出せない…」
という 『思い出そうとする瞬間』 に、力がついているんです!!


『暗記のコツ』 …なんとなくわかっていただけました?
次回 もう少し このテーマについて補足したいと思います。

ぜひ、 『アウトプットをこころがける』
実践してみてください!!


人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-10-20 10:00 | 勉強法
<< 「謙虚さ」と「強い意志」 ルイ・J・ハレー >>