過去記事倉庫
by jpc-cs
『勝ちにこだわる姿勢』 -【第21回】2005年7月22日(金)-
本日もご覧いただき、ありがとうございます。
さて、現在の順位は?


『勝ちにこだわる姿勢』

先日の全英オープンゴルフ見ました?タイガー・ウッズはやっぱり強いですねぇ~。って言っても、高校生はあまりゴルフ見ないのかな。時間も時間だったし。お父さん達は連休も重なって、楽しい4日間だったんでしょうね。

今日は私の好きな、そのタイガー・ウッズの話を・・・。

本名、エルドリック・ウッズ(タイガーはニックネームなんですよ。知ってました?)。生後6ヶ月でゴルフに興味を持ち(!)、わずか3歳で9ホールを48で回り(!!)、ホールインワンは6歳の時に済ませました(!!!)。それから数々の最年少記録などを塗り変え、今回の全英オープンで通算59勝!ちなみにトレードマークにもなっている、トラのクラブヘッドカバーの名前は「フランク」(結構おちゃめ☆)

タイガー・ウッズの強さの秘密は何だろう・・・。返って来る答えはだいたい同じ。
「全部」

確かにそうでしょう。技術・体力・精神力。全てにおいてパーフェクトじゃないとここまでの勝利はあり得ません。

ただ、世界のトッププロから見るとそうでもないようです。ショットの上手さやスイングの質では大きな差はないらしいんです。私には全然分かりませんけどね・・・(^^;)

では、なぜここまで飛び抜けていい成績を残していくのか?それはやはり
「精神力の違い」なんです。


「顔の向きは常に真正面」



これ、タイガーの癖の一つです。

プレーに入ったら、前しか見てません。
もちろんラインを読む時などは別ですが、決してうなだれる事なく、横もあまり向きません。しかも、ホールが後になればなるほど、優勝争いになればなるほど、その顔の動く範囲はさらに狭まるのです

タイガー本人はあまり意識してないようです。ただ単に
「勝ちにこだわる姿勢」が自然にそうさせるんでしょうね☆

(読んで頂きありがとうございます。お帰りの際はクリックを<(_ _)>)人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-07-22 09:56 | スポーツ関連
<< 『関心』 -【第22回】200... 『生体の危機感』 -【第20回... >>