過去記事倉庫
by jpc-cs
『親の仕事』-【第24回】2005年7月25日(月)-
本日もご覧いただき、ありがとうございます。
さて、現在の順位は?


『親の仕事』

毎日たくさんの生徒からTELがあります。
テスト結果の報告、学習計画表の連絡、進路の相談、勉強の進め方の質問など。

積極的に勉強に取り組んでいる生徒もいれば、
やる気が出なくてサボっている生徒もいます。

将来の希望が明確になっている生徒もいれば、
目標が見つからずに悩んでいる生徒もいます。

自分にあった効率の良い勉強をしている生徒もいれば、
人の倍時間がかかる効率の悪い勉強をしている生徒もいます。

生徒からのTELでその生徒の様子が色々と分かります。
分かるからその生徒に合わせた指示が出来ます。

しかし、いつでもお母さんが電話をしてくる家があります
電話越しに様子を伺うと明らかに生徒は隣にいます。

お母さんはこちらと話すたび、こうです。
「○○君、これでいいのね?」
隣にいる本人に確認するのです。本人はどうやら「うん。」と頷いているようですが、何か違和感があります。・・・本当に全て本人の意志でしょうか。お母さんと話していても本人の意志ではなく、そこにお母さんの希望が多分に含まれていると感じます。

ほとんどお母さんとしか話さないので実際の本人の様子がよく分かりません。
やる気が出ているのか。進路の希望はどうなのか。勉強の効率はどうなのか。

実際、勉強はうまくいっているようには思えません。
3年生のこの時期に基礎が分からないようです。教科によっては中学レベルさえ分からないようです。
(かといって、彼は下位高校の生徒ではありません。)

今のままではとても受験には間に合いません。
しかしそれ以前に彼の今後が心配です。

ずっと母親が面倒を見るわけにはいきません。
何でもやってあげるのが親の仕事ではありません。

「この子が辛い思いをしたら可哀そう」という気持ちも分かりますが、
失敗してもそこから学ぶことがたくさんあるんです。
自分でやってみないと分からないことがたくさんあるんです。
親がいなくなったとき彼は本当に1人で生きていけるのでしょうか。

“神様はその人が乗り越えられない壁は与えない”というような言葉をよく聞きます。

お母さん、そのままでいいんですか!

(読んで頂きありがとうございます。お帰りの際はクリックを<(_ _)>)人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-07-25 10:19 | 親子関係
<< 『思ったとおりに』-【第25回... 『ほんまに苦手?』-【第23回... >>