過去記事倉庫
by jpc-cs
【第1回】2005年7月1日(金)
【記念すべき第1回!!】

さて、今日から、この『爆勝(笑)☆大学受験奮闘記』で、私たちや受験生の奮闘振り(!?)をお伝えしていきたいと思います。

たくさんの方にご覧頂きたいのですが、なにぶん初心者なもので・・・
↓のクリックにご協力くださいっ (で、すぐ戻ってきてください<(_ _)>)
人気ブログランキングへ

で、早速ですけど、この前ウチで大好評の『親子セミナー』を開催したんです。
受講生やご父兄のみなさま、お忙しい中の参加、誠にありがとうございます。

この前のテーマは、『~プラス思考とメンタル維持の重要性~』ということでやらせてもらったんですが、大変好評な反響を頂いて、正直私もうれしかったです。

しかも、『歌』まで
歌わして頂いて…(「何だ? ウタって?」と思われた方、直接聞きにきてくださいね☆)
……で、その時に出席して下さった方のアンケートを読んでいて、
「これは、みなさまにも紹介したい!」って思ったんでちょっとこの場を借りて、紹介させて頂きますね。

● 高校2年(女)
「歌がとてもよかったぁ!! お世辞とかではなく。 とっても心に響きました。私も歌うことが大好きなので、今回は読んでもらうより、歌って頂いてとてもよかったです。また、こんな機会があれば歌ってください。」
……と、「また、歌かいっ」って思ったかもしれませんけど、そうじゃないんです。
この生徒の感想は続きがあるんです。

「…話しは変わって、私は昔よりマイナス思考になっています。その理由は、今考えると高校受験に落ちたところから始まっていると気づかされました。だけど、今回のセミナーの中で、『過去は過去』、『今は今』の言葉を聞き、心にエネルギーがわいてきた感じがしました。ありがとうございました。」
う~ん。生徒にこういうふうに思ってもらえると、私もとてもうれしいです。
『マイナス思考』
最近、私たちも生徒やお父さん・お母さんと話していてこの『マイナス思考』が非常に多い
なと感じます。
もっと言ってしまうと、私たちの仕事はこの『マイナス思考との闘い』とも思っています。

例えば、勉強にしたってそうです。

「よしっ! 第一志望 ○○大学!絶対現役合格するぞっっ!!」

って思って勉強を始めたとします。このまま、ず~っと頑張ってくれれば、かなり良いセンが期待できるんですが、大抵は、

「やっぱ、ムリかなぁ~」「目標高すぎたかなぁ~」

自分で、「頑張り」を引っ込める
ケースって多いんですよね。また、こんなのもあります。これも「親子セミナー」から、あるお母さんのアンケートです。
「プラス思考、大変良いお話を聞かせて頂いて、参考になりました。ただ、なかなか考え方を変えるのは難しくって・・・」
……わかりますか?
「(良いとはわかっているけど)なかなか考え方を変えられない……」

このお母さん、
早速『マイナス思考』
なんですっっ!

受験でも仕事でも、何か物事で結果(成果)を出すには、すべて、
『行動(実践)しているかどうか』が大事じゃないかなって思うんです。
知ってるだけじゃ、だめなんですよね。

それを『実践』しないと。

また、もうひとつ大事なのは、
『出来ると信じてやりぬく』
ことだと思うのですが、どうも最近は世の中に、この
『マイナス思考』
が、ど~んと居座っている気がします。

そりゃ、不安だったり、自信が持てなかったり  ……みんなそうです。
だからこそ、そこで
自分の気持ちをコントロールして『プラス思考』をすることが大事だと思うんです。

本来、物事に『プラス』も『マイナス』もありません。
あるのは『事実』だけです。
それを、自分で『プラス』ととらえたり、
『マイナス』ととらえたり
しているだけなんです。

例えば、100円
高いですか?
それとも、安いですか?
『私の飲みかけのジュース』、100円で売ってあげます。
安いですか?高いですか?
『1本、10万円のワイン』、特別に100円で売ってあげます。
高いですか?安いですか?
同じ、100円です。

受験まであと半年
……受験まであと半年しか『ない』

とも言えますが、
受験までまだ、半年『ある』
とも言えます。同じ『半年』です。

物事に『プラス』も『マイナス』もないんです。

あるのは『事実』だけです。

そのことが『プラス』なのか

『マイナス』なのか?

全部自分で、選択出来るんです。

身のまわりの環境や状況を、一瞬で変えることはできません。

でも、『選択』は一瞬で出来ます。


それに、一生、自分です。途中で誰かに変わることは出来ません。

「自分にはきっと出来る!」

別に、根拠なんてなくて良いんです。

根拠を求めたら、それは『判断』です。

「自分にはきっと出来る!」

そう思えば良いんです。


例えば、「私は、神さまを信じる!」という人がいます。

根拠はないです。信じてるんです。

『信じる』と『判断』は違います。

受験生のみなさん、そして、お父さん、お母さん
『自分(我が子)はきっと出来る!』

と、信じてください。
まずは、そこから始まると思います。

また、みなさんに紹介したいものがあったら紹介しますね。

(読んで頂きありがとうございます。お帰りの際はクリックを<(_ _)>)
人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-07-01 10:00 | 親子関係
<< 【第2回】2005年7月2日(土) バナー >>