過去記事倉庫
by jpc-cs
【第2回】2005年7月2日(土)
【3年生でも、基本は重要!!】

今日3年生の男子生徒が勉強の相談にきました。サッカーをやりたいという理由で通学に時間のかかる高校を選んだ彼ですが、周りが受験を口にし始めると部活以外何もやっていなかった自分の状況に不安になり、2年の終わりに部活をやめました。部活をやめてからは徐々に勉強に集中できるようになり、最近では彼の1日の勉強時間がクラスの中で一番多いと同じクラスの受講生から聞き、感心していました。

しかしです。
今日聞いた彼の実力は、部活をやめた当時とほとんど変わっていませんでした。1日4~5時間の勉強を何ヶ月も続けてきた結果とは思えません。原因はもちろんやっている内容でした。2年の一年間をサボった彼はどう考えても基礎から固めなおさなければならない状態でした。しかし、県下でも有数の進学校でもある彼の高校では、授業や課題は既に国公立2次レベルの演習を中心にやっており、課題をやっていかなければ怒られるという理由でこちらが指示した基礎~標準レベルの課題はほとんどやらず、自分のレベルとはかけ離れた難問ばかりに時間をかけてきてしまったのです。
それだけではありません。長時間勉強することでやった気になってしまっていたのです。土台や骨組みを作らずして家が建つわけがありません。今回やっと彼はそのことに気付いたようです。今後は必ず実力を付けていくと思います。

ただ、ここまで極端でないにしても同じような効率の悪い勉強をしている生徒が実際にはたくさんいると思います。自分のやるべきことを正確に見つけ出し攻略していくことは受験勉強をする上で必要不可欠な能力です。焦る気持ちも分かりますが、だからこそやるべき勉強に冷静に取り組み、しっかりとした基盤を作っていってほしいと思います。

(読んで頂きありがとうございます。お帰りの際はクリックを<(_ _)>)
人気ブログランキングへ
by jpc-cs | 2005-07-02 00:36 | とある受講生
<< 【第3回】2005年7月4日(月) 【第1回】2005年7月1日(金) >>